コメントする

クレジットカードの失敗談(楽天カード)

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。これは今から一年前の話になります。今まで生きてきた人生のなかで、一番ピンチになった出来事だと思っております。自分は大阪住まいの人間です。仕事の都合で自分は東京の支社に出張にいくことがあります。今回の出来事も東京へ出張に行ったときの話しです。東京の支社の会社の土台を確認するために東京へ出張に行きました。自分が勤めている会社は東海地方に店舗を置いている会社になり、大阪の環境と東京の環境と現在ではどういう違いがあるのか、肉眼で確認をして、大阪の勤務体制を見直すための出張でした。わが社では出張時には基本的に複数以上で出張するのが普通です。単身で出張にいったときに、何かトラブルがあったときなどに対応させるためです。

7575d4ea49fd6bf6fd8d019579372513_m

しかし、同僚たちは自分が担当をしている仕事が忙しく、動けるのは自分だけで、特例で単身で東京へむかわせていただきました。そこで東京の支社を一日中見学をさせていただき、東京の管理職の方と酒の場で懇親会を行いました。会計などは向こうがもってもらえるようでしたが、申し訳ないと思い、自分も財布を取り出したのですが、断られました。その場で現地解散となり、自分も明日も仕事があるので、寄り道をせずに、東京~新大阪までの新幹線で帰ろうとしたのです。そのときに改札をくぐろうとして、定期を財布から取り出そうとしたのですが、財布が見当たりませんでした。財布を自分がどこかで落としてしまったのです。本当に体に電流が走るくらいに自分はびっくりしてしまい、血眼になり、財布を捜しました。懇親会をしたお店までは自分も財布を持っていたので、店においてきたのではないかと思い、Uターンをして、店の店員さんに聞きましたが、ありませんでした。店に行くまでの道中もしっかりと財布が落ちていないか確認しながら移動をしたのですが、見つかりません。交番などにも足を運んでみましたが、届いていないようでした。新幹線の切符なども財布にいれていたので、大阪にも帰ることができずにいて、絶望をしてしまいました。

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_m

会社や家族に連絡をいれても、大阪から東京までこれる距離ではなく、大阪支社の上司に連絡を入れて、東京の管理職の方に上司から連絡を入れて、もう一度落ち合うことにしたのです。東京の支社からお金を借りる形で、切符を頂き、それで何とか大阪まで帰ることができました。何とか次の日の勤務もできたのですが、未だに財布は見つからず、キャッシュカードやクレジットカードだけは使用停止にして、また新しいカードを発行してもらいました。東京の管理職の方や自分の上司に迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ないと思っております。クレジットカードは保有をしているとほんとうに便利ではありますが、それを紛失をしてしまうとほんとうに怖くなりますね。楽天はネットなどでもすぐにいろいろなことに活用ができるので、派和すワードがわかってしまうと何をされるのかわかったものではないです。

20代 男性 会社員

コメントする

買い物し過ぎて大反省(三井住友ビザカード)

わたしはクレジットカードを使って失敗したことがあります。とはいっても、重大な事故や事件に巻き込まれたわけではないのですが、かなり反省しなくてはならないようなことです。
わたしはいつも、通信販売で買い物をする時クレジットカードで決済をするんです。
クレジットカード決済にしておくとすごく便利で、例えばネットの通信販売なんかだと、ワンクリックで買えてしまったりします。
画面上で、なんだかいいなあ、と思ったら、次の瞬間にそれを購入してしまうことができます。

クレジットカードのデメリットも

これは便利な反面、失敗に繋がります。
よく吟味して買うということが少なくなり、軽いノリで色々クリックして品物を買いまくってしまったのです。
例えば、現金で店頭にてものを購入しようとするときには、実際に手にとって、どんなぐあいか確かめたりしますよね。そして、悩んだ結果、やっぱりこれはいらないものだな、と思ったら買うのをやめることができます。同伴者がいる場合、横から、それ、いらないんじゃない、などと声をかけてくれることもありますよね。
そうすると正気に戻って、無駄づかいしなくて済むことが多いのですが、ひとりで部屋でクレジットカードを使って買い物をすることが可能になってしまう状況というのは、誰の意見も聞かずにドンドン買ってしまうという危険性を伴っているのです。

反省しきり

わたしは愚かでした。パソコンや、本や、カバンなど、また、他人への贈り物など、現金が減っているという感覚が希薄でドンドン買ってしまいました。
そして翌月の支払額をみてびっくりしました。自分の月収とほぼ同額使っていました。
幸い、ギリギリで支払不能になることはなかったのですが、次の月の食卓がわびしくなったことは言わずもがなって感じです。
クレジットカードで通信販売の買い物をすることは、危険なことだなあと思いました。金銭感覚が緩い人は、私のようにクレジットカードをもっていると失敗してしまうことがあるかとしれませんね。
①20代②女性③講師

コメントする

クレジットカードのポイントをマイルに交換して航空券代金節約(ANA提携VISAカード)

以前、私の主人はアメリカで駐在員として働いていました。駐在が決まったとき、前任者から航空会社と提携するクレジットカードを作っておいたら役に立つと勧められました。クレジットカードのポイントをマイルに交換することによって一時帰国の際に特典航空券が利用でき、旅費の節約になるからです。アメリカではユナイテッド航空やアメリカン航空などのアメリカ系の航空会社提携のカードだけでなく、ANAやJALの日系航空会社と提携するドル建てのクレジットカードがあり、これらは問い合わせセンターが日本語が通じるので安心でもありました。

アメリカで生活を始めると、クレジットカードを使う場面が多く、普段の食料品や日用品の買い物だけでなく、タクシーや美容院などのサービス、安い金額のものを買うときでもクレジットカードを使う人がほとんどです。日本で生活していたときはクレジットカードを使う機会があまりなかったため、生活のほとんどの買い物をクレジットカードで支払うという生活になかなか慣れずに戸惑うことはありましたが、一時帰国のための航空券代金を節約するためにも頑張らなければという思いで、クレジットカードを使っていました。しかし、現金を持ち歩かなくてもよい、いざお金を払おうと思って現金が足りないといったことがない、クレジット明細を見れば家計の管理がしやすいといった点ではクレジットカーは便利だと思いました。

8af275371b7aa407012d5447dae47b0e_m

日々の買い物のほとんどをクレジットカードで支払っていたため、クレジットのポイントがどんどんたまっていきました。そして約2年に1回のペースで50000マイルほど貯まり、それを特典航空券に交換することによって一人分の日本までの航空券に充てることができ、ずいぶん助かりました。

海外での生活を経験して、クレジットカードの便利さ、怖さを身に染みて知ることができ、さらにクレジットカードの特典によって一時国の時の航空券代金を節約できて一石二鳥でした。
①30代②女性③アルバイト

コメントする

クレジットカード払いの怖さ:三菱UFJニコス ViASOカード

私は社会人になりたての頃、社会人らしくクレジットカードでも作っておくか、という気軽な気持ちでカードを作りました。
当時車を買ってETCカードも必要であった為、セットで作れるカードでちょうど良いとも考えていました。

いざカードが届くと、さっそく使ってみよう、という気持ちで買い物へ。
銀行口座から現金を下ろす必要がなく、レジでも財布の中をモソモソ探る必要もなくなった為、とっても便利ですぐに気に入りました。
最初はスーパーでの買い物のみに使用しており、一度にせいぜい数千円を使っていましたが、そこから徐々にカード払いに頼るようになって行きました。

カー用品店でのカーナビ購入、百貨店での洋服購入、家電量販店でのテレビ、炊飯器購入など、銀行口座へはたいしてお金が入っていないクセに、次々にカード決済。
携帯電話料金、電気代、水道代の支払いもカードで支払うことに。
土日の休日には、彼女や友達と海までドライブし、結局はクレジットカード払いとなるETCを利用して高速道路をかっ飛ばしました。

90f47aa9e34746c29628700292b8a9cf_m

そんな生活を3か月ほど続けているうちに銀行口座の預金は無くなり、ついにクレジットカード決済の引き落としがかからない事態となりました。
私だけではないかもしれませんが、どうも支払いをカードで済ますと、お金を使っている感覚がなくなってしまいます。
しかも、口座からの引き落としがかかるのは月末の為、月の半ばに銀行口座を見ると、「お、まだお金使えるじゃん」と見誤ってしまうんですね。

という感じで、カード代金が支払えなくなった私は親からお金を借りてなんとかその月の代金を支払い、その後半年ほどは極貧生活でした。
クレジットカードの怖さが身に染みて分かった私は、その後カードにハサミを入れて破棄し、現在はほぼなんでも現金で支払いをするように心がけています。
レジでの支払いや銀行口座からの引き出しには手間を要しますが、私のような浪費家にとってはこのほうが身の丈を知ることができ、安全です。
30代、男、会社員

コメントする

私のクレジットカード失敗例:楽天カード

基本的に失敗例しかありません、最初はポイントの還元率が高いため活用していたのですが、使ったと同時に口座から引き落とされるデビット式ではないためお金がなくなっているという認識が薄くなってきました。そして欲しいものも増えてどんどんクレジットカードにて購入する機会が増えていきました。そして生活に関わる食費もクレジットカードで支払うようになり、毎月の支払いは相当な額に達しようとしていました。そうすると毎月の返済に困りリボ払いのサービスを活用するようになり沼にはまっていきます。リボを使うと返済額が少なく済むので、自分の本当の支払い額がわからなくなってきます。そしてボーナスのたびにその返済に追われて全く貯金ができていない生活を送っていました。
またリボ払いの手数料もかなりするので安いものをチョイスしても結局は全く意味のない努力になっていきます。それでもポイント還元がお得であるという安易な考えから抜け出すことができずに、最終的にはクレジットカードのキャッシングにも手を出すようになって地獄でした。給料日のたびに返済のことで頭がいっぱいになりボーナスの日でさえ全く楽しくありませんでした。完全に自分の使用の仕方をしっかりしていればクレジットカードはとても便利なものなのですが、物欲の固まりとなってしまった私には手綱をしっかり持つ力がまだない状態で持ってしまったため地獄を味わう結果となりました。私の中で完全なるボーダーラインがなかったのでダラダラと目先の甘い汁を吸ってしまいました。

13fda3407212c8457ddfab8f72ac178b_m
現状も返済の日々を送っていますが、ようやく目処がたとうとしています。それが終われば一度、現金のみの生活に切り替えようと考えています。その生活習慣がしっかりととのってからまたクレジットカードの使用を再開しようと思っています。自分の収支の計算、欲望の自制がしっかりできる本当の大人しかもってはいけない魔法のカードなのではないかと思う今日この頃です。
20代、男、会社員

コメントする

ポイント率の激減にがっかり sbiカード

クレジットカードを持ち始めた時は、どのカードを持つべきか迷いましたが、親族のクチコミや資料等の内容からsbiカードを持つことにしました。かれこれ5年程は使ったのではないかと思います。その理由はなんといってもポイント還元率の高さでした。当時のポイント還元率は、常時1.0%のポイントが付与され、10000ほためるとボーナスとはして、2000ポイントを付与されるものでした。
当時は、公共料金やその他の支払いをすべてsbiカードに集約し、ポイント付与の恩恵を受けられるようにしていました。年に1回程はこの付与を受けられ、ポイントが1ポイント1円として還元されるので、非常にお得なポイントによるキャッシュバックの恩恵を受けることができました。
当時は周囲には、このような高還元クレジットカードは存在せず非常に得をしたと思いました

年会費がかかり、ポイント付与率も減少・・

85d32e2e88e87dfe07305f32affdb08b_m

しかしこのカードがついに、お得なカードにならない日がおとづれました。
それは年会費無料から10万以上使わないと無料にならないというものであったり、ポイントの還元率も1.0%から大きくしたまわるものになりました。
結局は、このカードに全てを捧げていた私は全ての納付金決済の切り替えや、カード変更を余儀なくされ、他のカードに切り替えざるを得なくなりました。
ある意味では大きな恩恵を受けていたであろうから、成功したといえば成功したのかもしれませんが、切り替えの作業は労力のかかるものであり、大変でした。
現在ではsbiカードに変わり、オリコザボインとトカードを主要なカードにしており、ある程度の恩恵を受けております。
その概要は、常時1.0%のポイントがつき、入会後6.0ヶ月は常時2.0%になるものでした。極力、2.0%のポイントの内に、大型の購入品など済ませ、ポイントをかぜくようにしました。
さらにこのポイントはtポイントでためることができ某ドラックストアで日にち限定でポイントをさらに1.2倍で利用することができ非常にお得です。
どのカードを選ぶかは個人の自由ですがお得なものを選びたいものです
30代、男、会社員

コメントする

私とクレジットカードの出会いと付き合い方

クレジットカードを初めて持ったのは20歳の頃。まだ自分のお金の管理もあまりできなかった当時の私は、魔法のカードと勘違いしていました。魔法でもなんでもなく、それはそれは恐ろしいものだと気づかずに。。当時学生だった私は、遠方に通学していてよく都会の駅で途中下車しては魔法のクレジットカードで買い物を楽しんでおりました。ショップで魅力的なものを見ては、あてもないのにカードを使ってみるみる残高が増えていきました。当時のバイト代は3.4万。それをすべて使ってしまって一ヶ月お昼ご飯をケチケチと食べるという生活を送っていました。まさにお金の管理ができない人がクレジットカードを持つこと自体が間違っていたのです。引き落としのことなんて頭から飛んでいて、そんな生活をしてみたると、来月はクレジットカードを使うのをやめよう。なんて思うものの、我慢が出来ない体になってきてしまうのです。現金で買うよりも気軽に買い物をしてしまう脳になってしまって、浪費癖は続く続く。。バイトを入れても入れても追いつかず、ついに親に泣きつくなんて失態をしてしまったのでした。支払いを滞らせて督促のハガキや電話に怯え、嬉しいはずの給料日も憂鬱で悲しい日となってしまうという、怖さを思い知ったのでした。

お金の管理ができるように

家族を持ち、お金の感覚もしっかり身についた今では、クレジットカードは家具や電化製品など大きな買い物をするときにとても便利。公共料金の引き落としにも 使用すればポイントは知らぬ間に貯まり、お得もあります。ですがやはりたまに、使ったことすら覚えていなくて、請求の際に スキニングされた!? なんて思うことも^^;(単なる忘れていた自分の買い物です)今はネットでなんでも買える時代。ポイントでおいしい思いをしたこともたくさんありますが、使ったことを忘れていた請求をみてがっくりするなんてことを防ぐために、必ずメモをとっています。クレジットカードはとても便利。けれど少し脳裏から計画性が離れるとたちまち給料日にがっぽり現金がなくなるという事態にならないよう、上手に付き合っていきたいです。と同時に、子供には私と同じ過ちをさせたくないので使えば現金がなくなる、お金の流れを把握させるためお小遣い帳をつけさせたり、という教育を
心がけています。30代、女性、主婦、セゾンカード